魔女学校からの刺客01

ドラゴンメイド喫茶、ボルケイノ。

その入り口は様々な世界の様々な場所に繋がっており、それを介して様々な世界のキャラクターが登場する、とても不思議な喫茶店だ。

そして俺はそのドラゴンメイド喫茶で雇われマスターをしている。別に大変かといわれるとそうでもなくて、ただ暇をしている日が最近多いわけだけれど。

「ねえ、ケイタ。今日は誰も来ないね。ヒリュウさんも朝イチに来てもう帰っちゃったし……」

カウンターには俺のほかにリーサが居た。リーサはいつもほかのお客さんの注文を聞いたり(注文といってもメニューは一種類しかないから大半はクレーム処理になるが)、メニューを運んだりといろいろ行う。ウェイトレス的ななにかだ。

リーサは掃除をしていた。誰も来ないから、何もやることがない。そうリーサは言っていた。だったら今日くらい休みを取ればよかったのに、と思ったがリーサ曰く「普段掃除出来ていないところも出来るからちょうどいい」とのこと。

なんというか、女心は解らない。

カランコロン、と鈴の音が鳴ったのはちょうどその時だった。

ドアが開き、入ってきたのは三角帽を被った黒いローブの女性だった。

「……いらっしゃいませ」

俺はいつもの営業スマイルで声をかける。

カウンターに腰かけた女性は、リーサを見るや否や声をかけた。

「もしやあなた……リーサではありませんか?」

それを聞いたリーサは目を丸くして、黒いローブの女性に訊ねる。

「まさか……、アルフィア先生?」

先生? その言葉を聞いて、俺は首を傾げる。

そしてアルフィアと呼ばれた女性は三角帽を外した。

クリーム色の長い髪だった。白磁のような肌で、目鼻立ちしているその顔は、モデルか何かと言われても造作ないだろう。

そのアルフィアはリーサに目線を合わせ、

「長らく探していましたが、まさかここに居たとは。……探しましたよ、世界最高の魔女、ミカサ・エルフェイザの最後の弟子。あなたがミカサ・エルフェイザの弟子になると言って魔女学校を飛び出て、もうどれくらい経過していたでしょうか。ほんとうに弟子になったときは驚きましたが」

それを聞いてリーサは頷きつつ、

「別にそれがどうしたというのですか。もう、あの魔女学校と私は縁を切ったはず。だから、別にあなたがやってくる必要は……。まさか、私を魔女学校に連れ戻そうと思っているとか?」

それを聞いてアルフィアはこくりと頷いた。

「……ええ、その通りですよ。あなたをここから出して、学校へ帰還させる。そのために私はここにやってきたのです」

「いやです! 何でそんなことを。それはつまり、魔女学校からの人材流出を阻止するために、あなたたちが適当に考えただけのことでしょう!」

「……そうね。それは言えます。ですが、一度でいいのです。もどってはいただけないでしょうか」

「戻ったら、二度と私は外の世界に出ることは出来ない。……そうよね?」

「……、」

その言葉に、アルフィアは何も言わなかった。

それを傍で見ていたメリューさんは、俺に声をかける。それもとても小さい声で。ひそひそ声と言ってもいいくらいのトーンだった。

「……どうしました?」

「いいからとにかくリーサを呼んで来い。あと、お前はどうにか時間をかせげ。ちょっと今から色々とやらないといけないことがあるから」

「はあ。わかりました。変なことだけはしないでくださいよ」

「私が変なことをするとでも思っていたのか、お前は」

ええ、十分に考えられますよ。

とまあ、そんなことが言えるわけもなく、俺はリーサを呼ぶことにした。そしてメリューさんと合流し、そのままキッチンへと消えていった。

「お待ちなさい! まだ話は終わっていませんよ」

「……あなたは、ここに何をしに来たのですか」

さて、ここからは俺の時間稼ぎタイム。

どうにかしてリーサが戻ってくるまで、機嫌を損ねないようにしないといけない。さあ、どこまで抗えるだろうか。

「何をしに来た、って……。マスター、聞いていて解らなかったのか。私は彼女を魔女学校に連れ戻しに来た」

「客としてやって来たわけではない、と?」

それを聞いて、何も言えなかったアルフィア。

俺はさらに、話を続ける。はっきり言って、こういう人間は客商売をしている上でみると迷惑だ。