SM第一話

 

南国にあるアローラ地方、その中でも風土が豊かな島として知られているのがこのメレメレ島だ。

メレメレ島、その中心街から少し離れた場所。そこが僕の新しい住まいだった。

「噂に聞いていた通りだけれど、すごい自然豊かな場所なのね……」

お母さんが僕に声をかける。遠い地方から引っ越してきて、僕もお母さんもへとへとだった。

それにしてもほんとうに豊かな場所だと思う。事前知識でしか仕入れていなかったけれど、このアローラ地方は四つの島で構成されている島嶼地方だということらしい。正直、島嶼の意味が解らなかったけれど、お母さん曰く、大小さまざまな島が点在していることを言うらしい。成る程、だったらそのアローラに素晴らしいものなのかもしれない。

「そうだ。お隣さんにも挨拶しないと。……あと、確か、ククイ博士? でしたっけ。お父さんの知り合いの方。あの方にも挨拶しておかないといけないわね」

挨拶……か。なんというか、あんまりしたくないことではある。内向的だと言われてしまえばそれまでだけれど。

そういうことで、僕はお母さんの言葉に従って、家を出るのだった。

 

◇◇◇

 

お隣さん。

正直響きとしては、不安と期待が入り混じる単語だと思う。仲良くなれるといいな、怖いな、という微妙な感じだったりする。うーん、やっぱり出来ることなら仲良くなりたいな。

文字通り隣接している家の扉をノックする。

少しして、扉が開かれる。

中に入っていたのは、褐色の少年だった。緑色の髪を頭の上で束ねている。見るからに温厚そうに見える。

「やあ、どちら様?」

「あ、あの……。実はここに引っ越してきたばかりで……」

「そうなんだ。俺の名前はハウ。よろしくねー。名前は?」

「僕は、サン」

「サン、か。いい名前だねー。実はさ、俺、今度『島めぐり』をするんだよねー。サンは、島めぐりって知っているかな?」

島めぐり。

聞いたことがないけれど、ただの観光というわけでも無さそう。

そう思って、僕はその言葉に首を横に振ることで返した。

「そうか。知らないか。まあ、しょうがないかな。だってここに引っ越してきたばかり、って言っていたもんね。詳しくはククイ博士に聞くといいよ。ククイ博士の研究所は高台にあるから、そこを目指すといいよ。……あー、でもあの道路はポケモンが出てくるなあ。サン、君はポケモン持っているの?」

「いや、持っていないよ」

「じゃあ、俺もついていくよ。俺もポケモン持っていないけれど……おいで、イワン」

そう言ってハウは家の中から一匹のポケモンを呼び寄せた。

犬のようなポケモンだった。ハウがその名前を呼ぶと、ハウに近寄ってそのままジャンプした。そしてハウはキャッチすると、イワンはぺろぺろとハウの顔を舐め始める。

「くすぐったいって……。こいつと一緒に行くから、たぶん道路は問題ないよ。ほら、挨拶しなよ」

そう言ってハウはイワンを地面に置くと、俺を見つめて――やがて笑みを浮かべた。

「イワン……って言ったっけ」

「種族名でいえば、イワンコが正しいかな。こいつはうちで飼っているペットに近い感じ。とはいっても、そこそこレベルは強いから番犬に近い感じかな」

「へえ。頼りにしてるぞ、イワン」

僕はイワンの頭をなでる。イワンは慣れているようで、笑みを浮かべつつ僕の足にすり寄ってきた。

こうして僕たちは一路高台にあるというククイ博士の研究所へと向かうのだった。

 

◇◇◇

 

ククイ博士の研究所までそう時間はかからなかった。イワンが戦うことも無かったのは、有り難かったような気もするし、戦う場面を見られなかったというのは若干寂しかったような気もした。

ドアをノックして中に入る。

「やあ、いらっしゃい。ハウくん。……それと君は確か、」

「サン、です」

僕はククイ博士に自己紹介した。

しかしまあ、うわさには聞いていたけれど、結構ワイルドな恰好だよな。上半身裸の上に白衣を羽織っていて、何か眼鏡をかけている。目が悪そうには見えないし、恐らくサングラスの類なのだろうか。

「おお、サンくんか。君のお父さんにはお世話になっていたよ。どうだい、アローラ地方は。いいところだろう?」

「ええ、そうですね。何というか、自然に溢れている、というか……」

「そうともそうとも。それに、このアローラには他の地方で育まれているようなものが無いというのも見どころだよね。アローラには独特の文化が形成されているから、君が昔居た地方にあったようなジムや秘伝技といったものが存在しない。その代り、ポケモンの力を借りたり、島めぐりという伝統が残っていたりしている」

「島めぐり……。そうだ、それは確かハウも言っていた……」

「おや、ハウ。君もそれを言ったのかい?」

「だって、とっても楽しみだからね。その楽しみをみんなに分け合う! それっていいことじゃない?」

それを聞いて腕を組み云々と頷くククイ博士。

「成る程ねえ……。確かに君らしい考えだ。……そうだ、サンくんに自己紹介をしておこうか」

そう言ってククイ博士は僕に目線を合わせる。

「改めましてこんにちは! 僕の名前はククイって言うんだ。このアローラのポケモンを研究している研究者だよ。よろしく。……それはそうと、サンくん、島めぐりに挑む気はあるかい?」

「島めぐり……そういえば詳しく話を聞いていないのですが」

「そうか。……島めぐりとは、このアローラに残された風習のことだよ。ほとんどの地方ではポケモン協会管轄のリーグ・ジム制が導入されているが、ポケモン協会が存在しないアローラではリーグも無ければジムも無い。代わりにそれぞれの島に『キャプテン』と『しまキング・しまクイーン』が居る。まずはキャプテンと戦って最後にキング・クイーンと戦うことで道が開かれる。次の島に向かうことができる、ということだね」

「……つまり、修行みたいな感じなのですか?」

「修行、か。それとは少し違うかな。正確に言えば、子供たちの鍛錬、子供たちが大人になるための儀式、と言ってもいいかもしれない。アローラに住む子供たちは皆島めぐりをして、そしてキャプテンになっていく。それがこのアローラのルールになっているのさ」

アローラのルール。

それを聞いた僕は、気付けば心の中がそれでいっぱいになっていた。

見たこともなければ、聞いたこともないポケモンの数々。さらにそれをはるかに上回るような、独特な気候とシステム。

聞いているだけでチャレンジしたくなる内容ばかりだった。

「……いやあ、うずうずしているようだね?」

ククイ博士に言われて、僕は我に返った。どうやら僕の表情はとっても笑顔だったらしい。

「まあ、この地方が特殊な地方だからね。いろいろなシステムがほかの地方とは違うものになっている。だから、君がそう気になってしまうのは解る」

「島めぐりの始まりは、しまキングのじっちゃんに聞くといいよー。俺も明日から島めぐりするんだ」

ハウはそう言って笑みを浮かべる。

それを聞いたククイ博士は背を向けると、机の上に置かれていた小さいテレビのようなものを持ってきた。

「そうだ。だったら、ハウとサンくん、君たちにはこれをお願いしようかな。ついで、という形になってもうしわけないけれど」

「あれ? でもククイ博士、いいのかい? 俺とサンと、もう一人島めぐりを行う人間がいたはずじゃ……」

ハウがそう質問した、ちょうどその時だった。

玄関のほうで何かがぶつかったような音が聞こえた。

「……噂をすれば」

ため息をして、ハウは玄関を開ける。

そこにいたのは、転んでしまって頭を搔いている女の子だった。背格好的には僕と年齢があまり変わらないになるだろうか。赤い帽子をかぶっていて、木の実柄のシャツはかなりゆったりしているのか下のほうで結んでいる。緑のショートパンツに赤い肩掛けカバンをかけている。

「いてて……。あれ、ハウ。どうしてここにいるの?」

「どうして、って。俺はこのサンに島めぐりのこと、あとククイ博士のことを紹介していただけだよ」

「へえ!」

少女は立ち上がると、そそくさと僕の前に立って笑顔を浮かべた。

「はじめまして! 私、ムーンっていうの! あなた……サンくんも、島めぐりをするの?」

そしてムーンは僕の両手を握ると、ぶんぶんと効果音がついてもおかしくないような激しく上下に振った。

突然のことで何を言えば解らなかったけれど、僕はそれを聞いて何度も頷いた。

「そっかあー。それじゃ、島めぐりの子供たちはこれで三人になるんだね」

「そうだねー。……あ、そういえばククイ博士、俺たちに頼みたかったことっていったい?」

ククイ博士は漸く自分に話が回ってきたと思って、咳払いを一つした。

そして、ククイ博士は手に持っていたその小さいテレビのような何かを、ぼくたちに差し出した。

「これはポケモン図鑑だ。……とはいっても、君たちにはなじみがないだろうから、簡単に説明するね」

そう言って、ククイ博士はポケモン図鑑のボタンをぽちりと押した。

『はじめましてロ! トレーナーさんの名前と指紋を登録するロ!』

ポケモン図鑑の画面に目と口が浮かび上がり、それが言葉を発するたびに動き出した。

その動きはまるでその中にポケモンか何かがいるような――。

「そう、その通りだよ。サンくん」

そしてククイ博士は僕のその言葉を読み取ったように、頷く。

「これはロトムというポケモンの特別な力を引き出すために、ポケモン図鑑にロトムを入れた。まさに新世代のポケモン図鑑だよ!」

「ロトム??」

僕たち三人は一斉にそう言った。

ロトムということは今ククイ博士にポケモンであることを聞かされて、初めて知った。けれど、こういうものに入り込むということは電気タイプのポケモンになるのかな……。

「ロトムは電化製品に入る性質がある。冷蔵庫や掃除機、あとは……電子レンジか。まあ、そういう家電製品に入りこんで、その力を使いこなすという性質があるんだ。そうして、それをポケモン図鑑にも応用できないかと思ってね……、それがこのたび完成したんだ。それがこの! ロトム図鑑だ!」

「……あの、ククイ博士。ポケモン図鑑っていったい……?」

「よくぞ聞いてくれた、ハウくん!」

ククイ博士はロトム図鑑を持ち出すと、僕たちに画面を見せてくれた。

「このポケモン図鑑は、君たちが旅をしていくうちに出会う様々なポケモンを記録することができる。見つけることでも情報は記録されるが、まあ、一番は捕まえることでそのデータが蓄積されるかな。そういうハイテクなものなんだ。そうして、そのポケモン図鑑を埋めること。これが、僕の夢なんだ。このアローラは気候が豊かだから、ほかの地方に住んでいるポケモンでも、アローラ独自の特性……『リージョンフォルム』を持つポケモンが多く住んでいる。けれどね、そういうポケモンも併せて、このアローラにどれくらいポケモンがいて、どこにどれだけどんな種類が住んでいるかは、あまりそこまで明らかになっていないんだ……」

それを聞いていたハウはゆっくりと頷いて、そして、ククイ博士に質問を投げかける。

「……もしかして、俺たちにそのポケモン図鑑の完成をお願いするとか、そういうことは……」

「その通りだよ、ハウくん。なあに、三人もアローラを旅をするんだ。きっと君たちが力を合わせれば、ある程度のことは解決するはずだ。だから、君たちに一台づつ! 大事なものだから、なくさないようにね!」

そう言って、ククイ博士は僕たちに図鑑を差し出す。

「そうだ。図鑑には名前を付けられるよ。愛着がわくからね。それもいいと思うけれど、どうだろう? 名前を付けてみるというのは?」

名前か。つまり、ニックネームということだよな。ポケモンにはニックネームをつけられる。そしてこの図鑑にはロトムというポケモンがいる。……ロトム、ロト……。

うん、決めた。

そう思って、僕はポケモン図鑑を見つめる。

「じゃあ、今日からこのポケモン図鑑の名前は『ろとろと』だ! よろしくな、ろとろと!」

それを聞いたポケモン図鑑改めろとろとは笑顔にして、

『はい! ろとろとですロ! よろしくお願いしますロ!』

そうして僕とろとろとの冒険が、始まるのだった――!