第一話

 

秋葉原の街並みがサブカルチャーに染まったのは、いったい何年前のことになるのだろう。

いや、正確に言えばきっと何年で表現できるような昔ではないかもしれない。

そんなことを思いながら、僕は秋葉原の街並みを見ながら、歩いていた。壁にはポスターが貼られている。最近はやっているアニメやゲームのポスターだ。少しも興味がないといえば嘘になるけれど、でも実際その作品は殆ど知らない。せいぜいキャラクターを見たことがあるかな、というくらいだ。

かくいう僕は何を求めているのかといえば、ゲームだ。

ロールプレイングゲーム。またの名前をRPGという。役割をもってプレイするゲームシステムのこと。各自に割り当てられた架空のキャラクターを演じて、時に協力し時に対立し物語を進めていく。それが、ロールプレイングゲームの醍醐味といったところだと思う。

さて。

僕が求めているゲームは世界で大人気のロールプレイングゲーム、その最新作だ。

そのゲームは独創的な世界観とバトルシステムで一躍人気になった、その続編である。もちろん前作もすでにプレイ済みであり、クリアも当然している。だからこそ、今回の第二弾に対する期待度はとてつもなく高い。

しかしながら、その人気ゆえに予約しないと発売当日に手に入れることもできない。

残念なことに予約ができていないので当日に購入することはあきらめかけていたのだが――、秋葉原駅に着いてあるチラシをもらって、それは前言撤回することとなった。

なんと、そのチラシによれば発売当日でありながら予約しなくても購入することが可能だという。そんな馬鹿げたことがあり得るのか、と何度も訊ねたが、可能だと言った。ならば信じるしかない。

……そういうわけで現在その変わった店員についているわけだが、道がどんどん暗い所になっていく。正確に言えばガード下。はっきり言って、こんなところにゲームショップなんてあったのか? なんて思ってしまうくらいだったが――すぐにその不安を拭い去ることとなった。

「ここだよ」

店員はそう言うと、中へ入るよう促した。

まあ、別にいいけれど、どうして客を先に入れるのだろう? そんなことを思いながら、僕は中へと足を踏み入れた。

店の中は所狭しに棚が置かれていて、その中にはゲームがたくさん陳列されていた。中には僕が生まれる前のゲームもたくさん陳列されていて、マニアなら垂涎もののゲームもたくさん置かれている。だのに客は一人もいなかった。

これは穴場スポットだぞ……そんなことを思いながら、棚を一つ一つ見ていく。ここまで来たならただ単にゲームを買うだけじゃなくて販売されている商品も見ていくことにしよう。ゲームを買う機会はそう何度もあるわけではないし、次に来るとしたら週末くらいしかない。学生にとって、週末は貴重な休日だから案外それすらもできないことかもしれないけれど。

「……すごいですね、このゲームの数。どうしてここって、あんまり人が来ないんですか?」

単刀直入に、気が付けば僕は質問していた。ちなみに店員さんは僕の背後に立っている状態になっている。ゲームを店ですぐに用意すると言ってくれたから、きっとその準備をしているのだろう――僕はそう思っていた。

頭に、衝撃が走った。

文字通り、衝撃が走った。

それは痛みなのか立ち眩みなのかショックなのか――よく解らなかったけれど、倒れゆく最中、店員さんが金属バットのようなものを持っているのを見て、僕はそれが最初に言った『痛み』であるのだと理解した。

バットには血がこびり付いている。きっとそれは僕を殴ったときに付着したものだ。だとすれば、今、僕の頭からは血が出ているはずだ。ああ、だから暖かいのかもしれない。納得。

いや、正確に言えば納得してはいけない。まずはこの場をどうにかしないと。携帯、スマートフォン……は無理だな。今はまともに動くことすらできない。意識が薄れつつあるのに、それを使うことはまず不可能だろう。第一、目の前にいる店員さんがそれを許してくれるだろうか? いや、まずありえないだろう。

そう考えているうちに意識が薄れていく。ああ、もう、駄目だ。なんだかんだでむなしい人生だったなあ。何も考えるでもなく、ただ普通の学生として生きてきて、きっとこの後就職もして結婚もするだろう。子供もできて、平和な家庭を築いたはずだ。……まあ、まず彼女が居ないからそんなことは出来ないのだろうけれど。

そして、次の瞬間、僕の意識は途絶えた。

 

◇◇◇

 

「フル」

身体を誰かが揺すってくる。

声はどこか可愛らしい感じで、少し凛としていた。誰だったかな、この声――と脳内のデータベースに聞いてみるが、そんなデータはヒットしなかった。というよりも、僕のことをフルと呼ぶ人など聞いたことがない。

「ねえ、フルってば」

さらに僕の身体を揺すってくる彼女。

うん、先ずは起きたほうがいい。これ以上揺すられると吐きそう。

そう思って、僕は目を開けた。

「あ、やっと起きた! もう、フルったら、もう遅刻する時間よ? 夜更かしでもしていたのかしら。まあ、別に遅刻しても私の知ったことではないのだけれど」

そこに立っていて頬を膨らませていたのは、美少女だった。

ブロンドのロングヘアーに赤い目、幼げな表情、なんとなく膨らみを感じる制服に見える服(こげ茶色のブレザーにスカート、黒いタイツに革靴といった感じだ)を身に着けていた。

ぼうっとしていた僕だったが、それが気に入らなかったらしい彼女は踵を返す。

「取り敢えず、急いで制服に着替えて教室に向かうこと! いいわね、私は部屋の前で待っているから!」

そう言って彼女は部屋を出て行った。

なんというか、朝から騒々しいけれど……僕にあのような知り合いって居たかな?

まあ、取り敢えず彼女の言葉を守ることにしよう。そう思って僕は身体を起こして立ち上がると、部屋を見渡した。

部屋は僕の知る自分の部屋ではなかった。床には赤いカーペットが敷かれているし、木目調の壁はどこか懐かしくもあるし高級な雰囲気も醸し出していた。

まるでホテルのような感じだけれど、窓が無いので何も言えない。これ以上はとにかく外に出て確認してみないと、解るはずもなかった。

それにしても、どうしてこのような場所に居るのだろうか? 僕はハンガーにかかっていた制服に着替えながらそんなことを考えていた。確か僕はゲームショップの店員に頭を殴られてそのまま気を失ったはずだった。

ということは、あの後、誰かが僕のことを助けてくれたというのか?

なんというか、解らないけれど。

「ねえ、フル。急いでくれない? でないと、私も遅刻するのだけれど!」

だったら君一人で行けばいいじゃないか――なんてことも言えずに、取り敢えず僕の置かれている状況は後回しすることにして、彼女の指示に従うべく、大急ぎで制服を着替えることとした。

着替えが終わり、部屋の外に出るとそこは廊下だった。まあ、窓が無い時点でなんとなく予想は出来ていたけれど、そう考えるとここがどういう構造になっているのか気になってくる。

彼女は扉の前で待っていた。何冊かのノートとペン、それにインクを持っていた。

「それは?」

「それは、って……。勉強の道具じゃない。もしかして忘れたの?」

「あ、いや、無いことはないけれど……」

机の上に置かれていた――なぜか整理整頓されていた――ノートとペン、それにインクを持ってきておいて正解だった。僕はそう思って、彼女の言葉に答える。

「なんだ、持ってきているんじゃない。心配して損したよ」

そう言って彼女は溜息を吐いた。正直言おう、そこまで言われることの問題だったのか? ノートが無くても、そこまで文句を言われる話ではないと思うのだが。

「さ、行こう。遅刻しちゃうから。遅刻したらまた先生に叱られちゃうよ?」

先生とか遅刻とか、現在の状況を呑み込めていない前に新しい状況を持ち込まないで欲しかったが、きっとそんなことを彼女に言っても無駄なのだろう――そう思うと、これからの新しい出来事だらけの未来を想像して、頭が痛くなった。

 

◇◇◇

 

一時間目は歴史だと、一緒に歩いていた少女は教えてくれた。

少女――といっても、歩いている道中でさりげなく名前を聞いたところによると、メアリー・ホープキンというらしい。名前から苗字に行くのは外国人のような感じもするが、単純にそうではなさそうだ。

メアリーは僕の隣の席に座り、準備を始める。僕もそれに合わせて準備をする。……ああ、そういえば教科書があるんだったか。この分厚いハードカバーの本。いったい何百ページあるというのだろうか? というか表紙には英語とも日本語ともフランス語とも、それ以外の言語ともとりづらい何かが書かれているのだけれど――これ、読めないよ? いったいどこの国の言語なのかな? まあ、それを聞きたくても、この感じからすると周りもほかの言語を話しているのだろうけれど。

そうこう考えているうちに、ドアを開けて先生がやってきた。

先生はロングヘアーの女性だった。黒い髪で、黒い目。白磁のような肌に、凛とした表情。その女性を一言でいえば、『美人』があてはまるだろう、そんな女性だった。

「では、授業を始めます」

教壇に立ち、女性は言った。

「起立」

その言葉を聞いて、生徒は立ち上がる。もちろん、僕には何を言っているのか解らない。だからほかの生徒の仕草を確認しながら行動しないといけない。面倒なことだが、致し方ないことだ。どうして僕がこういう世界に飛ばされてしまったのか解らないが、これは紛れもない異世界だ。だったら、何とか異世界で生きていくしかない。

でも、どうやって?

「礼」

頭を下げる仕草に合わせて、頭を下げる。

タイミングをうまく合わせて、頭を上げる。

「着席」

そして椅子に腰かける。

ここまで人のタイミングを窺って着席したことがあっただろうか。きっと無いと思うし、これからもないと思いたい。なぜなら、一回やるだけで相当疲れてしまうからだ。

「それでは授業を始めます。今日は偉大なる戦いについて、ですね。みなさん予習などはしているかもしれませんが、偉大なる戦いは今から二千年ほど前に起きた災厄のことで、地の底からメタモルフォーズという謎の怪物が出現したことで――」

先生と思われる女性が何かを言いながら黒板に文字を書いているが、残念なことにそれが何であるか理解できない。

はっきり言って、文字も見たことのないやつだった。仕方がないので、文字だけでも書き記しておこうとペンを使ってノートに文字を書き記しておくことにする。

しかしながら、そのペンはただのペンではなく、羽ペンだった。

インクを持ち歩く時点で気づけばよかったのだが、それはもう後の祭り。

面倒ではあるが、羽ペンを使って文章を書いていくことにしよう。

ところで、羽ペンというのはとても書きづらいということを知っているだろうか。もちろん、使ったことのある人間ならばそんなこと百も承知かもしれないが、生憎僕は一度も使ったことがない。だから『なんとなく』でしか使うことができないのだ。

「おい、アイツ見てみろよ?」

「ん。あ、もしかして……」

背後からそんなひそひそ声が聞こえる。誰を対象としているかどうか言葉では言っていないが、明らかに僕をターゲットにしているのは解る。

だが、一体全体なぜそんなことを言われなくてはいけないのだろうか? 間違っている、とまでは言わないけれど、明らかにおかしい。

気になったので、その声のするほうを向こうとした――その時だった。

「フル・ヤタクミ!!」

唐突に自分の名前が呼び出されたので、僕は思わず慌てて立ち上がった。

「この問題を答えなさい」

そう言って先生は黒板を指さす。

しかし、残念ながら文字が読めないので、何が書かれているかも解らない。

どうすればいいか――時間ばかりが過ぎていく、そう思っていた。

思わぬ助け船が出たのは、その時だった。

「ガラムドよ」

隣に座っているメアリーが、僕にそう言ったのだ。

だから、僕はそのまま答えた。

「が、ガラムドです」

それを聞いた先生は一瞬思考を停止させたように見えたが――笑みを浮かべて、頷く。

それを見て僕は静かに席に座った。

「ええ、そうですね。ガラムドは偉大なる戦いで『神』と崇められた存在です。ですが、彼女もまた、もともとは人間であると言う説もあります――」

 

◇◇◇

 

授業終わり。

移動教室だろうか、そそくさと移動を開始する人たちを横目に、僕はメアリーに声をかけた。

「さっきはありがとう。……もしかして僕が言葉を話せないことを知っていたのかい?」

「うん? あ、ああ……いや、何故でしょうね。私もあなたと話すときは、この言葉を話すってことにしているのよ。もちろん、この言語は現地の、この世界の言葉では無いのよ?」

「いや、まあ、それは知っているけれど……。でも助かったよ。この世界に、僕の話すことのできる言語を知っている人がいて。居なかったらどうしようかと思った」

「まあ、それもそうかもしれないね。……それについて詳しく話すのは、後にしましょう。今は、大事なことがあるから。私たちも教室を移動しないと」

「次の授業は専門なのかい?」

「そうだね。私たちのクラスは錬金術、だよ。アルケミークラス。教科書は持っているかな?」

教科書。きっとこの分厚い本のことを指すのだろう。

そう思って僕はこくりと頷いた。

「なら問題なし。それじゃ、急いで向かおうか」

そして僕たちは教室へと向かおうとした。

その時、どこかから視線を感じた。その視線は冷たく、監視されているようなものだった。

僕は即座にそちらを向いたが――当然ながら、そこには誰も居なかった。

「フル、どうしたの?」

メアリーが訊ねる。

「いや、何でもないよ」

気のせいだったのかもしれない。僕はそう思って、再びメアリーとともに教室へと向かうことにした。

 

 

そのころ、どこかの場所にて。

水晶玉を見る、巫女装束のような恰好をした女がいた。

女は不気味な笑みを浮かべながら、つぶやく。

「ついに来たようね……。長かった、ここまで長かったわ。テーラの弟子、リシュミアの予言が、叶うときが。まさかこんなに長くなるとは、私も予想できなかったけれど」

水晶玉から視線を移し、女は目を瞑る。

「お呼びでしょうか」

すぐに一人の男がやってきた。

女は目を瞑ったまま、言った。

「彼に伝えなさい。『予言の勇者』がやってきた、とね。そしてできることなら生きたまま捕獲すること。不可能ならば……殺しても構わない」

「かしこまりました」

それだけを言って、男の気配は消えた。

そして、女もまたその空間から姿を消した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です