prologue

 

とある町に、昔話を紙芝居にして話を聞かせるおじいさんがいた。

おじいさんが現れるタイミングはいつも夕方。おじいさんは何かの仕事をしているようで、それが終わったタイミングで町の広場に現れるのだ。おじいさんが準備を始めると、どこから情報を聞きつけたのか、子供たちが集まってくる。

そして子供たちは、いつものように言うのだ。

「今日は勇者の話をするの?」

勇者の話。それは少し前、この世界で起きた『災厄』を振り払った勇者のことだった。

世界が平和になった今、勇者の物語は伝説となり、そして昔話となっている。

しかし、それも誰かが語り継がなければいつか薄れていってしまう。

それを薄れさせるわけにはいかなかった。

それを人々の記憶から消してはならなかった。

おじいさんもまた、勇者とともに戦った一員として、あの出来事を後世に語り継がなければならないと――そう思っていたからだ。

おじいさんは口を開いて、話を始めました。

「それじゃ、話を始めようか。それは、ラドーム学院というある学園から物語は始まります――」

こうして語られるのは勇者の物語。

これは運命を翻弄させられる、一人の少年の物語。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です