柊木さんシリーズ

東京にある柊木伝承相談所、そこは妖怪・伝承・因習なんでもござれの相談所。
甘いもの大好きな所長、柊木夏乃は今日も伝承や因習を追い求める。

 


「いつもの店がなくなったとき」あらすじ
柊木夏乃は慌てていた。彼女のお気に入りのお店である冠天堂が潰れてしまうというニュースだった。
そしてそこに舞い込んできた仕事――『赤い座敷童』の正体を探ってほしいということだった。
赤い座敷童とはいったい何なのか?
そしてお気に入りが無くなってしまう夏乃に明日はあるのか?

読む


 

シリーズ経歴

2014年
3月ーー「朱色の矢は噂を招く」
5月ーー「冠天堂でティータイムを」「図書委員、日下洋平」(後者のみ再録の予定なし)
8月ーー「ネガヒ様の村」(2016年1月ウェブ再掲)

2016年
10月ーー「人魚伝説の村」「いつもの店がなくなった時」(後者のみ2016年11月ウェブ再掲)
12月ーー「ウラシマ村と竜宮城」(2017年12月ウェブ再掲)

2017年
7月~ーー「柊木さんと血塗られた因習」連載開始

2018年
1月ーー「少年と呼ばれなくなった日」(2018年3月ウェブ再掲)
3月~ーー「首なし地蔵とオマモリサマ」連載開始